リノベーションするメリットとは

中古物件を購入してリノベーションを行う人が増えていますが、リノベーションのメリットは低費用で新築並みの快適性を実現できる点にあります。リノベーションは改修工事の一種となりますが、壁紙や設備機器を新しい物に交換するだけのリフォームとは違い、全てを新しく作り直すことを言います。

建物の躯体まで解体を行い、新しい間取りプランと新しいデザインによって新築同然の環境を作り出すことが可能です。中古物件を利用して行うことで躯体を作り直す必要が無いため、その分だけ低費用で行うことができるのです。リノベーションは物件価格の下がった中古マンションを利用して行われることが多くなっています。

マンションは鉄筋コンクリート造で作られていますので、耐用年数が長いというメリットがあります。低価格で物件を購入し、全てを新しく作り直しても新築物件を購入するよりもはるかに低費用で新築並みの環境が手に入ります。リノベーションを目的として中古物件を購入する場合には、新築後10年以内の物件は価格が高いために避ける必要があります。新しい物件は販売価格が高くなりますので、リノベーションよりもリフォームを行うことで十分な効果が得られます。

中古物件を購入するにしても、リノベーションは全てを新しく作り直しますのでそれなりの費用が必要となります。価格の高い中古物件では改修費用を合わせると新築物件が購入できますので、トータル費用で検討して物件を選ぶ必要があります。最近では木造住宅でも行われるようになっていますが、木造住宅では耐用年数が短いために新築との費用比較が必要になってきます。中古物件を活用したリノベーションには、立地条件の良い物件を購入できるメリットがあります。

都市中心部の比較的立地条件の良い中古物件を低価格で購入することができますので、スケルトンから改修することで低価格で新築物件並みの環境とアクセスの良い立地条件を実現できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です