中古マンションでリノベーションできる範囲について

中古マンションでリノベーションできる範囲は、意外とあります。
まず普通のリノベーションの場合は、壁紙、床材など内装は変えることが出来ます。断熱材を入れることも出来ますし、遮音材を入れることも出来ます。また、中の扉はすべて変更することができますし、キッチン、バスルーム、洗面所などの設備機器はすべて変えることが出来るのです。そのため、リノベーションをすれば、新築同様になります。
では、逆に、出来ないものは、間取りの変更などになります。構造壁以外の壁を動かしての間取り変更は可能なのですが、水回りの移動を伴う間取り変更はすることが出来ないのです。何故なら、配管を動かすことが出来ないためです。マンションの場合は配管を動かせないため、キッチン、洗面所、バスルームの移動をすることは出来ません。また、窓サッシや玄関ドア、勝手口のドアなどの変更も不可能です。窓サッシや玄関ドアを変更すると、マンションの外観の統一性が失われてしまうため、禁止されているのです。そのため、一切行うことは出来ません。
その他、ベランダや玄関ポーチも共有スペースであるため、手すりなどを変更することは出来ません。ベランダの内側の壁もペンキを塗るなどの変更は不可となっています。
このように様々な制約がある中古マンションのリノベーションですが、スケルトンリノベーションの場合は少し異なってきます。窓サッシや玄関ドアの変更が不可であることは変わらないのですが、水回りの移動は可能になるのです。スケルトンリノベーションは骨組みだけ残してすべて撤去してしまうため、配管の移動も可能になります。そのため、キッチン、洗面所、バスルームの移動が可能になるのです。但し、排水管は距離の問題をクリアすることが条件になります。排水管は勾配が必要であるため、距離が上手くとることが出来なければ移動は難しくなるのです。
このように、中古マンションのリノベーションの範囲は色々とあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です