リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違いがわからないという人は多いはずです。この2つのものは同じのようでありながら、厳密には違うものです。
リフォームとは新築の時の状態に原状回復するための工事です。一般的に小規模な工事のことをさします。例えば、トイレの便器を交換する工事であったり、キッチンの本体を交換する工事であったりします。また、システムバスルームをまるごと交換したりする工事も入ってきます。これらは古くなり汚れてしまったものを、新築の時と同様な状態に戻すための工事をしているのです。その他には壁紙の張替えや、フローリングの張替え、外壁の塗替えなども入ってきます。これらの工事を行っても、新築の時と同様の状態になりますが、付加価値がつく訳ではありません。
しかし、リノベーションは違います。リノベーションは、新築の時のものよりも建物の持つ性能以上に新しい付加価値をつけていく工事のことをさします。つまり、原状回復ではなく、新しい価値をそのリノベーションした家につける工事をさすのです。
では、具体的にはどのような工事のことを言うのでしょうか。一般的に、大規模な工事のことを指します。スケルトンリノベーションなどは代表的なものです。スケルトン、骨組みだけにしてしまい、間取り変更などを行います。新築の時よりももっと優れた性能の設備機器を入れ、間取りも使いやすく変更し、断熱、遮音などもより優れたものを入れます。そうすることで、もともとの建物が持っていた性能以上の付加価値がついてくるのです。デザイン的にも優れたものになることが多いです。
また、スケルトンまでしなくても、増築を行ったり水回りの移動をさせたりして、より住みやすい環境に整える工事のこともリノベーションを呼びます。
このように、リノベーションは付加価値をつける工事であり、リフォームは原状回復が基本なのです。それぞれ異なった工事であることを理解しておくことが大切です。